医 療 業 務
Q.5
診療圏調査
 
 ようやく開業予定地が絞られました。そこで、事前に診療圏調査を行うと、その場所で開業した場合のおおよその患者数が分かるということです。それはどのように行うのですか?本当に役に立ちますか?
 
A.5
 
 診療園調査は、開業場所の選定をデータ面から検証する作業であると同時に、事業計画を作成する上での見込患者数を算出する資料となります。
<診療園調査>
1).情報の収集(町丁別人口統計他)
2).現地調査(地域を歩き把握します。特に競合となる医療機関の情報を入手する)
3).診療圏マップ作成(地図に開業予定地と競合医療機関等をプロットします)
4).診療圏の設定(自院の診療圏を設定します)
 ○例えば都市部における内科診療所の場合、主要な診察園は概ね半径500〜1000mの範囲内。
 ○特殊な診療科の場合や郊外であれば、当然上記の範囲は広がります。
5).患者数の推計
 ○設定した診療圏内の人口に受療率(人口10万人当りの1日当り推計患者数)をかけて計算します。
  受療率は、厚生労働省が3年に一度行う「患者調査」の結果をもとに、傷病別、性別、年齢別などに計算されます。
  「診療圏内推計患者数=診療圏内人口/10万人×受療率」
6).見込患者数の算出・総合判断
 ○算出された患者数は、他に競合する医療機関が全くないことを想定した場合の、診療圏内の潜在的な患者数を意味します。
  大病院など診療圏外に患者が流出していたり、診療圏内に同様の診療科がある場合には、これらを割り引いて、最終的に
  開業後の自院の見込患者数を算出できます。しかし、これはあくまでも目安ですが、これを「目標」に考えることが重要
  なポイントです。
 
 

 

Copyright "若葉総合税理士法人" All rights reserved.