医 療 業 務
Q.7
開業計画の作成(設備投資と必要資金)
 
 開業後のことを考えると心配になります。設備投資はどのくらいまでかけてもいいのでしょうか?また資金はどの程度持っていなければならないのでしょうか?事業計画の立て方について教えてください。
 
A.7
 
 まず設備投資と必要資金額から考えていきましょう。
1).土地購入資金
2).建物建築費用
3).租税公課
4).医療機器・備品等購入費
5).業務用システム導入
6).事務用システムの購入
7).医師会入会金
8).広告宣伝費
9).その他(消耗品・薬袋・カルテ等の購入費用・当初薬品・材料購入費・保険料・コンサルタント費用他)
これらに加えて、忘れてならないのは「運転資金」です。診療報酬が開業後2ヵ月間は払い込まれないことに加え、開業当初は赤字となるのが通常なので、各月の支出(人件費等)と生活費のおよそ3〜4ヵ月程度は運転資金として確保しておくことが好ましいと言われています。
 
 

 

Copyright "若葉総合税理士法人" All rights reserved.